前へ
次へ

自分があおったために交通事故が起きた時

自動車に乗ると性格が変わる人は結構いるようです。
普段は温厚な人がどんどんスピードを出したり、むやみに前の車を追い越そうとするようになったりします。
自動車は移動の手段であり人や荷物を運ぶのに便利な道具ですが、それ以外には運転を楽しむ要素もあると言えるでしょう。
ただ自分の運転によって他のドライバーや歩行者などに迷惑をかけるのは良くありません。
スピードや追い越しは違反にならなくてもあおり運転につながるときもあります。
交通事故が起きるのは通常とは異なる状況なので、あおり運転を受けている人などは起こす可能性が出てくるでしょう。
もし自分があおってその相手が交通事故を起こしたとしたら、自分自身が起こしていないとしても一定の罰則を受ける可能性があります。
問題は自分自身があおっている感覚が無いまま他人をあおっていることでしょう。
誰かに自分の運転をチェックしてもらって、あおりに該当していないかを教えてもらうと良いかもしれません。

Page Top