前へ
次へ

あおられる原因を作って交通事故につながる

社会で生活するときは常に周りとの調和を考える必要があります。
それぞれの人が自分勝手な行動を取れば調和は乱れ、非常に生活しにくい世の中になるでしょう。
多くの人は社会の中で調和を取りながら生活をしていますが、何らかのきっかけで調和がとれない状態になるときもあります。
自分にとって不都合なことが起きた時にそれを怒りにぶつけることは誰でもそれなりにあるはずです。
自動車に乗っているときなどに他の車に嫌悪感を感じるときがあるかもしれません。
自分自身が交通事故の原因になるときとしてあおられることがあり、もしあおりが原因であればあおった方も一定の罰則がつくでしょう。
では自分が起こした交通事故は何ら罪に問われないかといえばそうなりません。
この時に考えたいのはなぜあおられたのかです。
相手が普段から良くあおり運転をしている人なら仕方ありませんが、自分の運転があおりの原因になるときもあります。
車線変更の仕方が悪いのが原因になることもあるので、自分の運転を改めることも考えましょう。

Page Top