前へ
次へ

交通事故の休業損害で損害額を高められる可能性

被害者として交通事故に遭えば、仕事が行えなくなり、治療の間、仕事を休まなければならない場合もあるでしょう。
しっかりと収入を得ていたものが得られなくなる状況は、事故による損害にあたります。
交通事故の休業損害は、請求できるものであり、1日5700円として、勤務する日数を掛けた金額が請求額になります。
ただし、交通事故に遭った人の中には、1日働く賃金、給料がそれ以上の人もいるはずです。
それ以上稼いでいた証明が出来る証明書があれば、1日、1万9000円を上限に請求できる場合もあるのです。
サラリーマンであれば、事故が起きた3ヶ月前までの平均日数の賃金を請求できます。
収入がない専業主婦でも、専業主婦として働いているとも考えられるため、女性の平均年収での日数から請求できる場合があります。
自営業の場合は、前年度の所得から、日数を割り出し、仕事に就けない休業日数をかけた金額を請求できるのです。
この知識がなければ、保険会社が、1日を5700円として計算される場合もあり、弁護士として相談し、負担を軽減するのに努めるのも大切です。

Page Top