前へ
次へ

交通事故でけが人がいるときの対応

もし自分が交通事故を起こしてしまったとき、正しい行動がとれるかどうかでその後が大きく変わるので注意が必要です。
自動車を運転する時にはきちんとルールを守りながら運転するのでしょうが、ちょっとした気のゆるみが出るときもありますし、相手側が問題ある行動をするときもあります。
歩行者の信号が赤なのに急にわたり始めたためによけきれなくてけがをさせてしまう交通事故が発生するときもあります。
けが人がいるときにはどんな対処が必要かです。
人にはどうしても一定の保身の意識があり、事故がばれたらどうしようと逃げてしまう人もいるようです。
運転者が悪い時、歩行者の行動が良くなかった時に関わらずまずはけが人の救護が第一の行動になります。
いくら自分に非が無くても逃げれば罰則の可能性が高くなります。
道路上に倒れているときは他の自動車との接触が無いよう注意してすぐに救急車などを呼ぶようにします。
一人でできないときは周りの人に助けてもらっても良いでしょう。

Page Top