前へ
次へ

交通事故の示談は早まるな、弁護士に相談へ

交通事故に遭った際に、お互い当事者で話をまとめあう、示談があります。
正式な示談は、示談書に書き、お互いが認め合った中でお互いが問題解決を認め合う事になります。
この示談書の書き方によっては、法的拘束が現れない場合もあれば、法的拘束が現れてしまう場合もあるのです。
交通事故に遭った際に、法的拘束力がある示談書を書いて認めてしまうと、その内容が全てとなり、変更する事ができなくなります。
相手が加害者の場合は、刑事罰が決まるまで待つのも無難であり、弁護士の考え方で進めていくのも大切です。
例えば、交通事故であれば、怪我の治療費は、それが原因で背負わされる費用であるため請求するのが一般的な考え方です。
それ以外にも、生活に支障をきたしている場合もあり、その負担に対しても請求できる考えもあるでしょう。
後遺症が残された場合、一生に渡ってその後遺症を背負っていかなければならないかもしれません。
この計算の仕方は個人では、簡単に計算ができない内容であり、弁護士に依頼をして、法律に基づいての請求額を求められるのも大切でしょう。

Page Top